仕事に対するスタンス

ライターとしてのスタイル

「ライター」にとって、いかに上手な文章を書くかは大切なことです。しかし、私は書くことより「取材」に重きを置いています。料理人が自ら市場に足を運ぶのと同じく、良い材料を仕入れることがなにより「味」の決め手になることを、経験の中で思い知ったからです。

作品でなく商品としての文章を書きます

いくら美しい文字を並べても、文章は読む人に伝わらなくては意味がありません。クライアントの狙いをしっかり見極め、読者の心の中にすーっとしみこんでいく文字列。そんな実用的なライティングが私の持ち味。自分の作風にこだわらず、媒体に合わせてカメレオンのように文体が変えられる、柔軟性も私の長所です。

場数をこなした成果をお見せします

ライターになって以来、それはもう数え切れないほどの方々を取材してきました。お陰さまで場数に磨かれて図々しくなり、相手の口から狙った通りの言葉を引っ張り出すスキルが身につきました。こればかりは古狸の腕の見せ所です。

シライについて
スポンサーリンク
ライター シライ

コメント